8月
16
2016
0

小額からでも投資はできる。転換点を見極めた投資をしよう

投資には興味があるものの、大きな投資ができるほどの資金力がないために手をだすことができていない、という方も多いのではないでしょうか。どうしても投資というと、イコール大きなお金がある人だけがやるもの、というようなイメージが付いていることが多いかと思います。実際、大きな資金がある方が投資の選択肢を広げる事ができる、というのは事実です。しかし、だからといって潤沢な資金がなければ投資ができないかというと、必ずしもそうではありません。世の中には多くの小額投資というものがあり、こういったものを利用することで投資を始めることが可能です。

例えば株式の場合を見てみましょう。株式の購入というのは、通常「単元株式数」というものがあり、その数に応じた取引をしなければなりません。例えば1株1000円の株があったとして、単元株式数が1000株だった場合、少なくとも100万円から取引をしなければならないことになります。これではどうしてもハードルが高く感じてしまうことになるでしょう。

こういった場合には、投資信託等を利用する方法があります。投資信託であれば、単元株式数に届いていない株数であっても購入を行うことが可能になります。当然収益はその投資額に応じたものとなりますが、巨額でなければ投資ができない、という状況は崩す事ができるでしょう。

投資を成功させるためには、情勢を読み取ることがなにより重要です。市況をしっかり読み取ることさえ出来てしまえば、投資で失敗する可能性は大きく減らすことができます。ただ、この市況の変動というのはなかなか読み取るのが難しいものでもあります。これも、投資による影響を受けているためです。例えば、順調に上り調子である市況で投資を行った所、その直後から下がり始めるということがあります。これは、ここが天井だと思って売りに出している人が多くなるためです。どこが転換点になるのかを見極めることが重要です。

Written by admin in: ダウ |
8月
12
2016
0

NYダウをお得にCFD取引する方法

ニューヨークダウ証拠金取引は、2016年6月末より、公的な取引所CFDでの取引が可能になりました。よって、これまで以上にニューヨークダウに投資するメリットが増えています。

それまでも、もちろんNYダウは魅力的な投資対象でした。具体的には、世界経済の中心アメリカの優良株を30銘柄集めて、その株価の平均を数値化してあるものです。要するに、アメリカ経済(あるいは世界経済とすら言えます)の景気が良ければ上がるし、景気が悪ければ下がる指数なので、予測がかなりしやすいんですよね。そこで、初心者の方でもまずはニューヨークダウから取引をしてみようかという人もいるようです。また、ダウ平均株価は証拠金取引だというのも魅力のひとつです。担保として一定額の証拠金を差し入れておけば、証拠金以上の額の取引をすることができますし、差金決済契約(CFD)という方法ですから、売買の際に生じた差額のみ支払えば良いわけです。NYダウをCFDで取引する方法については、ダウ平均株価.com というサイトに詳しく紹介されているので、こちらもご参照ください。

さて、ここにくりっく株365で取引できるというメリットが加わったら、どんな風に魅力が増したのでしょうか。まず、くりっく株365なら、証拠金が安全だというのが良いですよ。従来のようにCFD業者を経由して取引していたら、その業者が倒産したときには証拠金が戻ってこないことも多々ありました。ですが、公的な取引所CFDであるくりっく株365なら、証拠金は保証されています。それから、アメリカの株価指数なのに日本円換算で取引できるというのもメリットです。為替差損などを考慮せずに取引できますからね。また、取引時間がほぼ24時間だというのも良いですよ。業者を利用していた場合は取引時間も業者によってまちまちでしたが、くりっく株365なら世界中のマーケットのオープン時間を渡り歩くようにして取引できますので、ほぼ1日中いつでも取引ができます。NYダウ取引ならくりっく株365が断然おすすめですよ。

Written by admin in: ダウ |
8月
11
2016
0

用語を学んたら、分析の経験を積んでいこう

株取引などに興味があるものの、覚えなければならないことが多くてなかなか一歩踏み出すことができない、という方も多いのではないでしょうか。実際、専門的な用語なども多く、これが大きなハードルとなっている部分もあるかと思います。ただ、昨今では投資家を増やしたいと考えている取引所が多いこともあり、こういった取引所で用語の説明などが行われている事が多く、比較的入り込みやすいものとなりました。

これ自体は良いことではありますが、やはり初心者が投資を行うという場合、まずはローリスクなものから始めるのが基本となります。それでは、投資をローリスクに行いたいという場合、どのような方法を取ることになるのでしょうか。重要なポイントとなるのは「レバレッジ」と呼ばれるシステムの存在です。

レバレッジというのは証拠金取引のことを指しています。証拠金取引自体も用語であるため分かりにくいかと思いますが、これは簡単に説明するのであれば「元金以上の金額の取り引きができるようになるシステム」です。証拠金を取引所に預け、取引所はその証拠金を元にしてお金を貸す形で信用取引を行えるようにします。利益が出た場合には、そこから貸付額を引いた分が収益として得られるようになるわけです。大きな取り引きがしやすくなるため大きな利益を上げやすくなりますが、失敗時にはリスクが大きくなってしてまうため初めは証拠金取引を利用しない方が安定します。

また、株価指数CFDなどを利用して、市況の分析をすることを覚えていくのが良いでしょう。現在の市況がどのようになっているのか、ということが見えてくると、だんだんと次の株価を予測できるようになってきます。この予測がしっかりとできるようになれば、当然ながら株式取り引きの成功率も大きく上がっていくことになります。漫然と取り引きをするのではなく、経験を重ねて取り引きについて学んでいくことによって、少しずつ大きな取り引きができるようにしていくのが投資の基本となります。

Written by admin in: ダウ |
8月
02
2016
0

インデックス投資について。

投資関連のウェブ検索をすると、「インデックス投資」というワードに引っかかると思います。
あまり詳しく説明してくれているサイトがありませんので、簡単にご説明しましょう。

インデックスというのは、早い話が”株価指数”のことです。
日本でいうところの、
・日経平均株価(日経225)
・東証株価指数(TOPIX)
などがあり、海外のものなら
・NYダウ平均株価
・DAX
などが挙げられます。

インデックス投資とは、市場の動きを表している特定の株価指数と連動した値動きを目指すという運用方法です。
ポイントは、「連動した値動き」であるということ。
その市場の平均値である株価指数と同じ動きを狙っていく手法になります。

インデックス投資と逆の動きを狙うのが、アクティブ投資と呼ばれるものです。
こちらは市場の平均値を上回る値動きを狙っていきます。

インデックス投資のメリットとしては、
・少ない資金で始められる
・金融や経済のことを専門的に勉強する必要がないので手間が少ない
・低コストで分散投資ができる
・資産配分の設計が用意である
・投資における判断のためのデータが豊富
ということが挙げられるでしょう。

デメリットと記載されることが多い内容としては、
・投資商品そのものが少ない
・小さなヒットをコツコツ狙うのでホームランは打てない
・単調作業になるので面白みに欠ける
ということがあるようです。

ですが、個人的にはこれらはメリットであると考えません。
投資商品の少なさはそれだけ選択肢を少なくしているので、初心者が陥りがちな「どれにすればよいのだろうか?」という疑問が発生しにくいと言えるでしょう。
また、大きなホームランが狙えないということは、それだけ損失リスクが少ないということです。
ローリスクローリターンのほうが初心者は間違いなくおすすめになります。
さらに面白みに欠けるというのも、初心者の場合はまずはシステムや投資のノウハウを理解するところから始めなければなりませんから、単純作業のほうが覚えやすいといったメリットになるのではと思いました。

Written by admin in: ダウ |
7月
29
2016
0

くりっく株365が人気の理由

投資家の間で今注目のキーワードといえば「くりっく株365」ではないでしょうか。くりっく株365について、人気の秘密をおさえながらご紹介しましょう。

くりっく株365とは「日本初の、公的な取引所による株価指数証拠金取引」と定義されています。株価指数証拠金取引とは、日経225やTOPIXといった、ある市場に上場されている株式銘柄のうち、一定数の特定の銘柄の株価を、決まった計算式にあてはめて算出したものです。市場全体の値動きと連動するので予測しやすく、また、複数銘柄から算出される数値であるため倒産リスクがないため、人気の取引対象です。くりっく株365ができるまでは、各取引業者を介してしかこれらの取引をすることができませんでしたから、取引時間も手数料も値段も、すべて取引業者次第という感じでした。でも、くりっく株365ができたことで、様々な点が投資家に有利になりました。

まず、取引時間がぐんと伸びました。くりっく株365なら世界中のマーケットをつなぐようにして、ほぼ24時間取引可能です。せっかく経済情報を追いかけていて「今、売らないと!」などと思っても、取引時間外だったために損してしまった……などということが、くりっく株365ならありません。また、証券会社などよりも手数料が安いというのも魅力的です。更には、くりっく株365の株価指数証拠金取引は、決済期限がありません。忙しくて取引できなかったりしても大丈夫ですし、保有している間はなんと、配当金相当額をもらうこともできますので、あなたにとってはメリットがたくさんありますね。

さて、このようなくりっく株365ですが、最近特に注目されているのは、NYダウ平均株価指数も取引できるようになったからです。やはり世界の経済の中心はニューヨーク、アメリカドルですから、ダウ平均株価指数取引は人気です。くりっく株365なら日本円換算で取引ができるので便利ですよ。

Written by admin in: ダウ |